スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪性リンパ腫は早期発見・早期治療が命の保証です。

悪性リンパ腫は早期発見・早期治療が命の保証です。
悪性リンパ腫になった場合、早期に発見し、出来るだけ早く治療を開始すれば治る見込みが充分にある病気であるといえます。
例えば、ホジキンリンパ腫は、20代の女性や60代の高齢者がかかりやすくて、非ホジキンリンパ腫は60代が一番発症しやすくなっています。
データによると、ホジキンリンパ腫の場合、一部のリンパ節に腫瘍のあるステージⅠであれば9割以上、2ヶ所以上腫瘍ができているステージⅡだと8~9割、上半身下半身両方のリンパ節にがんがあるステージⅢでも5~9割、臓器や骨髄に迄腫瘍が広がっているステージⅣでも4~6.5割の治癒率を示しています。
例えば、だいたい日本人10万人に8人程度、年間1万人弱の人が悪性リンパ腫を発症し、日本の南の地方で多い病気と言われています。
リンパ系組織は、全身に広がっているため、発見が遅れるとがん細胞が全身に広まってしまう恐れがあります。
悪性リンパ腫の種類は細分化するとたくさんあるのですが、大きく分けると、ホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫の2つに分けられ、非ホジキンリンパ腫はリンパ系組織のタイプによりさらに数種類に分かれています。
最初、悪性リンパ腫を発見した段階で、どの程度がん細胞が広がっているかがその後の治療法を大きく左右する事がわかっていて、首にしこりを感じたり、全身がだるい、微熱が続く等の症状がある時には、早期に病院で診察を受ける事が大切です。
また、悪性リンパ腫はリンパ節を中心に出来る血液のがんであり、全てのがんの3%を占めてます。
さらに、首のリンパ節が腫れて悪性リンパ腫を発症するケースが多いと言われ、肝臓等の臓器や骨にまで広がる可能性もあります。
従って、早期発見・早期治療が命を保証する唯一の方法といえます。
早期治療が命の保証
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。