スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高尿酸値と痛風の関係

尿酸とは、体内の細胞の老廃物で、毎日尿の中に酸として排泄されているものです。
人間の体は常に新陳代謝が行われ、日々新しい細胞に入れ替わっていますが、古い細胞から新しい細胞に入れ替わる際に核酸が分解されて、プリン体という物質に変わります。さらにこのプリン体が分解されて産生されるのが尿酸です。
この尿酸の約70%は、腎臓から尿とともに外に排泄されます。
また、尿酸は血液中にも溶け込みますが、この血液中の尿酸の濃度を「尿酸値」と言っています。
尿酸値の基準値は、「 4.0~7.0mg/dl位」が正常とされており、正常平均値は男性が5.5mg/dl、女性が4.5mg/dlくらいです。
また、男性女性ともに尿酸値が7.0mg/dl以上の場合、異常とされ「高尿酸血症」と呼ばれます。

逆に極端に尿酸値が低い場合があり、これを「低尿酸血症」と言っています。
低尿酸血症と診断される基準値は2.0mg/dl以下ですが、腎臓で尿酸をどんどん排泄してしまう「腎性低尿酸血症」では、急性腎不全や尿路結石を発症しやすいリスクがあるため、注意が必要です。。
尿酸値とは?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。