スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低体温は花粉症の原因になるのか

日本人の平均体温は36.5℃といわれています。あなたも体温を測ってみてください。もし、平均体温が35℃台だとしたら、それは冷え性というよりも「低体温症」と呼んだ方が正しいのかもしれません。 身体が冷えて低体温の状態が長く続くと、風邪や病気になりやすくなります。それは、体温が下がることで体内の免疫細胞の働きが悪くなるためです。免疫力が低下すると、花粉症やアトピーなどのアレルギー症状も出やすくなります。さらに、低体温だとガン細胞も活発になるため、ガンが発生しやすくなるともいわれています。 低体温の原因には、食事の栄養バランスの偏りや無理なダイエット、ストレス、運動不足による筋力低下…などなど、いろいろな理由が考えられます。 中でも低体温の原因の大きな要因として、ビタミンやミネラルなどの栄養不足が考えられています。ビタミンやミネラルが不足すると、体内でのエネルギー燃焼の働きが低下します。そのため、体温が上がりにくくなり、低体温になってしまうのです。花粉症の原因になる

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。