スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子宮筋腫の検査方法

子宮筋腫の検査方法にはいくつかの種類があります。検査方法については病院によって多少違いがありますが、内診をした上で超音波検査をすれば子宮筋腫があるかないかは大体分かりますが、それでも分からない場合や、子宮筋腫の症状を調べる場合には、さらに詳しい検査方法を行ないます。

基本的には「問診」「内診」「超音波検査」という順番で子宮筋腫の検査を行いますが、触診、超音波(エコー)、採血(腫瘍マーカー) 細胞診、CT、MRIなどの画像診断等などの検査方法を用いて、複合的に子宮筋腫の検査を行ったうえで総合的に診断することになります。
子宮筋腫と同じように、子宮の筋肉から発生する悪性の腫瘍を肉腫といいますが、これとの関連を調べるときはMRIで検査を行います。

具体的な子宮新種の検査方法については次の通りです。

【外診・内診】
下腹部に手を当てて、コブや炎症がないかなどを確認します。そして腟内とお腹の上に手を当て、子宮の大きさやかたち、表面の状態やかたさなどを調べます。また筋腫がある場合は、周囲との癒着を起こしていないかも調べます。

【超音波検査(エコー)】
お腹の上から器具を使って超音波をあてる「経腹法」と膣内に器具を挿入する「経膣法」とがありますが、「経腹法」は、超音波を出す「(プローブ:探査子」という器具をお腹の表面にあてて、子宮や卵巣などの内臓にあたってはね返ってきた音波をモニターで画像として映し出します。
また「経膣法」は経腟エコーともいいますが、細く長いプローブを腟の中に入れて、中から超音波をあてて見ることができます。いずれも子宮筋腫の大きさや数や位置、そして筋腫のタイプや卵巣の状態がわかり痛みや副作用もありません。

【CT検査】
X線を利用した装置によって、体内の様子を詳細な画像(身体の断層の写真)にして調べることができます。超音波検査よりも詳しい情報をえることができます。

【MRI検査】
磁気を利用して身体の内部を画像化する検査方法です。超音波検査よりはっきりした画像が得られるため、子宮筋腫か子宮腺筋症かなど区別がつきにくい場合や、子宮肉腫と識別する場合などに行われる検査方法です。

【子宮鏡検査】
膣から子宮鏡を子宮に差し込んで、子宮内膜の状態を見る検査方法で、子宮内膜に異常がないかどうか、特に粘膜下筋腫の状態を調べる時に用います。

【子宮卵管造影】
この検査は粘膜下筋腫の状態を調べる時や、不妊と筋腫との関連が疑われる時に行われますが、カテーテルという細い管を使い、膣から子宮に造影剤を入れます。そして造影剤が卵管から腹腔内に流れる様子を、お腹の上からレントゲンで撮影して診断します。

【細胞診】
腟鏡診の時に、綿棒で子宮頸部の表面を擦り細胞を取って、癌の心配がないかを調べます。痛みはなく診察はすぐに終わります。

【血液検査】
貧血の有無やホルモンのバランスを調べます。これで異常があれば精密検査を行います。

以上のような子宮筋腫の検査を、問診後に行います。

<お知らせ>
14日間集中!子宮筋腫改善・通信講座では、婦人科では、なぜか教えてくれない子宮筋腫を改善する方法について詳しく解説しています。
著者は、女性が生きていくためのレシピ。でおなじみの、Cell栄養研究所 所長 続木和子 氏です。
有料ではありますが、メールサポートが充実していますので、婦人科へ行くか躊躇している方、婦人科の診断に納得いかない方におすすめします。
検査方法
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。