スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近わかってきた悪玉コレステロールの原因について

しくじってしまいました。人と約束をしてたことをすっかり失念していました。とはいうもののやってしまったことを嘆いても仕方がありません。なんとかコレステロールの勉強を進めてしまおうと思っています。にしてもしばしば同じ失敗をしてしまうのは情けないです。
何やかんや同時にしながらコレステロールの勉強をしてしまって、どうも進みませんでした。何か別のことをしながらはいけないですね。やっぱりひとつに集中することが大事ですね。コレステロールの学習もだいぶ慣れてきましたので気合を入れなおしてきちんとやっていかないといけないと思いました。明日はけっこう時間が取れそうなのでコレステロールの学習を進めていきたいと考えています。
そうしたら、まだ残っている作業をいくつか片付けておこうと思います。入浴後にマッサージすると夢見がよくなります。身も心も万全にして明日もさらにコレステロールの学習に張り切っていこうと思います。
スポンサーサイト

中性脂肪とは 内臓脂肪や皮下脂肪との違い

中性脂肪は、付着する臓器やためこむ場所を選ばないため、肝臓以外にも内臓や皮膚の間など、さまざまな場所に入り込んで蓄積されていきます。


中性脂肪 血液検査 コレステロールところで中性脂肪も、「内臓脂肪」や「皮下脂肪」と同じ脂肪、すなわち体内に蓄積したアブラという点では同じです。

この三つはなにかと混同されやすいため、ここで用語を整理しておきましょう。


中性脂肪がとくに内臓の周囲やすき間についた場合、これを「内臓脂肪」と呼んでいます。

また、内臓のまわりについた中性脂肪が特に皮膚の下についてしまった場合は、これを「皮下脂肪」と呼んでいます。


一般に「内臓脂肪」は男性にたまりやすい脂肪、そして「皮下脂肪」は女性にたまりやすい脂肪とされています。
食事・運動・薬 対策のポイント

高尿酸値と痛風の関係

尿酸とは、体内の細胞の老廃物で、毎日尿の中に酸として排泄されているものです。
人間の体は常に新陳代謝が行われ、日々新しい細胞に入れ替わっていますが、古い細胞から新しい細胞に入れ替わる際に核酸が分解されて、プリン体という物質に変わります。さらにこのプリン体が分解されて産生されるのが尿酸です。
この尿酸の約70%は、腎臓から尿とともに外に排泄されます。
また、尿酸は血液中にも溶け込みますが、この血液中の尿酸の濃度を「尿酸値」と言っています。
尿酸値の基準値は、「 4.0~7.0mg/dl位」が正常とされており、正常平均値は男性が5.5mg/dl、女性が4.5mg/dlくらいです。
また、男性女性ともに尿酸値が7.0mg/dl以上の場合、異常とされ「高尿酸血症」と呼ばれます。

逆に極端に尿酸値が低い場合があり、これを「低尿酸血症」と言っています。
低尿酸血症と診断される基準値は2.0mg/dl以下ですが、腎臓で尿酸をどんどん排泄してしまう「腎性低尿酸血症」では、急性腎不全や尿路結石を発症しやすいリスクがあるため、注意が必要です。。
尿酸値とは?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。