スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子宮筋腫の検査方法

子宮筋腫の検査方法にはいくつかの種類があります。検査方法については病院によって多少違いがありますが、内診をした上で超音波検査をすれば子宮筋腫があるかないかは大体分かりますが、それでも分からない場合や、子宮筋腫の症状を調べる場合には、さらに詳しい検査方法を行ないます。

基本的には「問診」「内診」「超音波検査」という順番で子宮筋腫の検査を行いますが、触診、超音波(エコー)、採血(腫瘍マーカー) 細胞診、CT、MRIなどの画像診断等などの検査方法を用いて、複合的に子宮筋腫の検査を行ったうえで総合的に診断することになります。
子宮筋腫と同じように、子宮の筋肉から発生する悪性の腫瘍を肉腫といいますが、これとの関連を調べるときはMRIで検査を行います。

具体的な子宮新種の検査方法については次の通りです。

【外診・内診】
下腹部に手を当てて、コブや炎症がないかなどを確認します。そして腟内とお腹の上に手を当て、子宮の大きさやかたち、表面の状態やかたさなどを調べます。また筋腫がある場合は、周囲との癒着を起こしていないかも調べます。

【超音波検査(エコー)】
お腹の上から器具を使って超音波をあてる「経腹法」と膣内に器具を挿入する「経膣法」とがありますが、「経腹法」は、超音波を出す「(プローブ:探査子」という器具をお腹の表面にあてて、子宮や卵巣などの内臓にあたってはね返ってきた音波をモニターで画像として映し出します。
また「経膣法」は経腟エコーともいいますが、細く長いプローブを腟の中に入れて、中から超音波をあてて見ることができます。いずれも子宮筋腫の大きさや数や位置、そして筋腫のタイプや卵巣の状態がわかり痛みや副作用もありません。

【CT検査】
X線を利用した装置によって、体内の様子を詳細な画像(身体の断層の写真)にして調べることができます。超音波検査よりも詳しい情報をえることができます。

【MRI検査】
磁気を利用して身体の内部を画像化する検査方法です。超音波検査よりはっきりした画像が得られるため、子宮筋腫か子宮腺筋症かなど区別がつきにくい場合や、子宮肉腫と識別する場合などに行われる検査方法です。

【子宮鏡検査】
膣から子宮鏡を子宮に差し込んで、子宮内膜の状態を見る検査方法で、子宮内膜に異常がないかどうか、特に粘膜下筋腫の状態を調べる時に用います。

【子宮卵管造影】
この検査は粘膜下筋腫の状態を調べる時や、不妊と筋腫との関連が疑われる時に行われますが、カテーテルという細い管を使い、膣から子宮に造影剤を入れます。そして造影剤が卵管から腹腔内に流れる様子を、お腹の上からレントゲンで撮影して診断します。

【細胞診】
腟鏡診の時に、綿棒で子宮頸部の表面を擦り細胞を取って、癌の心配がないかを調べます。痛みはなく診察はすぐに終わります。

【血液検査】
貧血の有無やホルモンのバランスを調べます。これで異常があれば精密検査を行います。

以上のような子宮筋腫の検査を、問診後に行います。

<お知らせ>
14日間集中!子宮筋腫改善・通信講座では、婦人科では、なぜか教えてくれない子宮筋腫を改善する方法について詳しく解説しています。
著者は、女性が生きていくためのレシピ。でおなじみの、Cell栄養研究所 所長 続木和子 氏です。
有料ではありますが、メールサポートが充実していますので、婦人科へ行くか躊躇している方、婦人科の診断に納得いかない方におすすめします。
検査方法
スポンサーサイト

低体温は花粉症の原因になるのか

日本人の平均体温は36.5℃といわれています。あなたも体温を測ってみてください。もし、平均体温が35℃台だとしたら、それは冷え性というよりも「低体温症」と呼んだ方が正しいのかもしれません。 身体が冷えて低体温の状態が長く続くと、風邪や病気になりやすくなります。それは、体温が下がることで体内の免疫細胞の働きが悪くなるためです。免疫力が低下すると、花粉症やアトピーなどのアレルギー症状も出やすくなります。さらに、低体温だとガン細胞も活発になるため、ガンが発生しやすくなるともいわれています。 低体温の原因には、食事の栄養バランスの偏りや無理なダイエット、ストレス、運動不足による筋力低下…などなど、いろいろな理由が考えられます。 中でも低体温の原因の大きな要因として、ビタミンやミネラルなどの栄養不足が考えられています。ビタミンやミネラルが不足すると、体内でのエネルギー燃焼の働きが低下します。そのため、体温が上がりにくくなり、低体温になってしまうのです。花粉症の原因になる

通風の食事

現代人でも多くの方が悩んでいる病気として通風がありますが、日本でこの病気が増えてきたのは食事が大きく関係しているといわれているのです。

なぜならば通風の原因になるのは高尿酸血症と呼ばれるものです。これは尿として排出される尿酸の量と体内で作られる尿酸の量とのバランスが崩れてしまうことによって引き起こされます。

この原因になるといわれているのが栄養の過剰摂取やアルコールの取りすぎ、そして肥満や遺伝的なものも関係しているようなのです。

通風の原因の一つでもある食事に関することは、日常において誰でも注意すれば変えていくことができる非常に重要なポイントになります。

もともと日本人の食事というのは通風とは縁遠い、質素なものが一般的でした。主に穀物や野菜、海藻や魚介類などを摂取するようにしており肉を好んで食べるようになったのは
通風の食事

血糖値を下げるコーヒー

コーヒーに含まれているカフェインとクロロゲン酸は、血糖値を上げるのを防ぐ効果があり、マグネシウムにはインシュリンを分泌させる働きがあります。

血糖値が高いと医師に診断され、食生活を見直さなければ!

と思っていてもどうしたらいいかわからないとお困りではないでしょうか?

医師のアドバイスと治療を守った上で、日々の食事で野菜や果物を多くとったり
間食を控えたり、適度な運動をしたり。

頑張って健康な自分に戻ろうとしているあなたにお知らせです。

あなたは実は、コーヒーが血糖値を下げるのに効果的だと知っていましたか?

間食を控えなさいと言われているのでなんだか“間食”という部類にはいりそうなコーヒーは
血糖値を上げてしまいそうな印象を持たれていたかもしれませんね。

実はコーヒーに含まれているカフェインとクロロゲン酸という成分が
血糖値を上げるのを防ぐ効果があると最近わかったのです。血糖値を下げるコーヒー

また扁桃腺が

一昨日の夜くらいから、少し喉が痛かった。ここのところ蒸し暑くて、数日前に扇風機をかけて寝たので、もしかしたらその時、喉を痛めたのかもと思っていた。
 もちろん、扇風機の風を直接浴びて寝ることはしない。扇風機はベッドの足の方の壁際、そこにベッドから見て横向きに置いてある。壁と平行に風がでる。扇風機から出た風は、部屋の中を壁沿いにぐるっと一周して、十分に弱まったあとで、私の所に届く。ベッドの中でじっとしていても、風が来ているのかどうか分からない。そんな程度の風でも、扇風機を点けているのといないのとでは、朝起きた時の汗のかきかたが全然違う。なので、とっても寝苦しい夜は扇風機を点けているのだ。
 もしかしたらそれが影響したのかと思ったが、はっきりした原因は分からない。喉はだんだん痛みを増し、今日は唾を飲むだけで、刺すようなひどい傷みを感じるようになってしまった。
 会社から帰ってすぐ、病院に行った。扁桃腺がだいぶ腫れているとのこと。
 クラビット500mgという抗菌剤、ポンタール250mgという抗炎症剤、トランサミン250mgという抗出血・抗炎症剤、あとは喉が痛い時の定番、アズノールうがい薬を処方してくれた。5日分。これで快方に向かってくれればよいのだが。
 もう10年くらい前だと思うけど、扁桃周囲膿瘍にかかり、その時は喉の痛みで、まるまる一週間床に臥せっていた。喉の痛みがひどくて、満足に食べることもできなかったし、十分に寝ることもできなかった。
 その時のつらさが脳裏をよぎる。ひどくならないうちに、いや、今でも十分にひどい状態なのだけれど、これ以上ひどくならないうちに治ってほしい。そう願うばかり。願うだけでなく、こまめにうがいもする。
 でも、鏡で口の中を見てみると、今日の夕方よりも症状がひどくなっている。喉の左側が大きく腫れ上がり、喉の1/4を塞いでいる。
 これ以上ひどくならないで。お願い。また扁桃腺が
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。