スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血糖値を下げるコーヒー

コーヒーに含まれているカフェインとクロロゲン酸は、血糖値を上げるのを防ぐ効果があり、マグネシウムにはインシュリンを分泌させる働きがあります。

血糖値が高いと医師に診断され、食生活を見直さなければ!

と思っていてもどうしたらいいかわからないとお困りではないでしょうか?

医師のアドバイスと治療を守った上で、日々の食事で野菜や果物を多くとったり
間食を控えたり、適度な運動をしたり。

頑張って健康な自分に戻ろうとしているあなたにお知らせです。

あなたは実は、コーヒーが血糖値を下げるのに効果的だと知っていましたか?

間食を控えなさいと言われているのでなんだか“間食”という部類にはいりそうなコーヒーは
血糖値を上げてしまいそうな印象を持たれていたかもしれませんね。

実はコーヒーに含まれているカフェインとクロロゲン酸という成分が
血糖値を上げるのを防ぐ効果があると最近わかったのです。血糖値を下げるコーヒー
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。