スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亜鉛の過剰摂取

亜鉛が身体に良い成分であることが知られていますが、逆に亜鉛を過剰摂取するとどのような状態になるのでしょうか。


亜鉛の過剰摂取というものは、実は大きな問題になると言われています。ところで、どのくらいの亜鉛をわたしたちは必要とし、どのくらいの量から過剰摂取になるのでしょうか。いくつもの研究がありますので、はっきり言うことは難しいですが、一日の亜鉛の摂取量は成人男性であれば、10ミリグラム以上15ミリグラム程度と言われています。

もちろん、子どもであればこれよりも低い摂取量ということになっているのです。また女性であれば、10ミリグラム弱とも言われていますので、この推奨亜鉛摂取量以上になると、過剰摂取の可能性が出てくるということなのです。

過剰摂取について

7日で痛みがなくなる顎関節症治療

7日で痛みがなくなる顎関節症治療として定評があるのが、
「I.E.S顎関節症改善法」です。

この改善法は、顎関節症の専門医とてして30年以上、研究
をしてきた市川歯科の市川誠院長がその結果を元に、1日5分
でできる具体的な方法をまとめたものです。

物を食べるたびに顎が激しく痛む、話をしている時に顎
からカクカク音が鳴って痛む、口を大きく開けることが
できない、などの症状は、顎関節症で、そのまま放置すると、
物が噛めなくなったり、口を開けることができない状態に
なってしまいます。

「I.E.S顎関節症改善法」は、1日5分、DVDを見ながらエクサ
サイズするだけで、7日後には、口を開けるときの激痛が、
かなり軽減されます。

この方法は、小学生でもできる簡単なエクササイズなので、
顎関節症で悩んでいる人に、大きな効果をもたらしてくれます。

病院や整体に通うことなく、また、薬を摂取することなく、
自宅で、簡単に顎関節症の症状を改善できるのです。

正しい知識と適切な処置を施せば、100%に近い確率で顎関節症
は改善できるのです。

「I.E.S顎関節症改善法」には、メールサポートと、試してみて
効果がなかった場合には、60日間の返金保証が付いているので、
リスクはありません。
7日で痛みがなくなる

腰痛、背中の痛み、坐骨神経痛

原因

前かがみの姿勢や立ち仕事、長時間のデスクワークなどで腰や背中、お尻の筋肉疲労が起こり、筋肉、背骨のクッション性が失われることで硬くなった筋肉が神経を圧迫し、痛みやしびれの症状を起こします。
特に腰や背中は、生活する上で背骨や筋肉に一番といっていいほど負担がかかりやすい部分であるので、他の症状にも多く関係があります。
症状

朝起きてから腰が重い
いつも腰がつっばった感じで重く痛い
座った時、じっとしている姿勢がつらい
腰を曲げたり伸ばしたりすると違和感がある
背中に張りがあり、息苦しく、呼吸が浅い
お尻から足や足先にかけてしびれや痛みがある
長時間座っていると腰が重い
重い物をもって腰に激痛が起きた
年に数回ギックリ腰をよく起こす

当院で施術を受けると……背中の痛み

体の緊張がとれ、筋肉が柔らくなることで神経伝達や体のクッション性が上がり、患部の負担が減るので症状が緩和されます。
また体の動きが楽になり、正しい姿勢が取りやすくなります。ギックリ腰などの急性の症状でも少しずつ筋肉を緩め、関節を動かしながら痛みを取っていきます。
その他

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊椎すべり症、脊椎分離症など、背骨に問題がある場合は、病院での診断を受けられた上で来院されることをお勧めします。
背骨に問題がある症状でも、硬くなった筋肉を緩め、関節の動きを良くする事や姿勢や生活習慣からおきるクセを変えることで効果が得られます。
糀谷整体院

セサミンは若々しく!かっこよく!美しく!を目指す方の強い味方

ゴマの健康成分「セサミン」はゴマ一粒におよそ1%未満しか含まれない希少な成分です。
サントリーの20年以上もの研究により「セサミン」は若々しさを保つ大切な成分であることが
わかっています。



■□■「セサミン」が持つパワーとは?■□■
健康食として古くから知られてきたゴマは美容食としても重宝され酸化しにくい特徴があります。
その理由は健康成分である「セサミン」に、若々しさを保つ働きがあるからです。





■□■食品から「セサミン」が摂れにくい理由■□■

セサミンをしっかり摂ろうとゴマを食べても
十分な量を摂ろうと思うと、大量のゴマを食べな
くてはなりません。



また、ゴマの半分以上が脂質なので、たくさん食
べてしまうと脂質の摂取量も相当なものになって
しまいます。



このように、ゴマそのものからセサミンだけを十分に摂ることはまず不可能なのです。
サプリメント

膝の痛みの原因は体型面や肥満度

関節の中でも、特に痛みを起こしやすいのが膝です。体重を支えながら、立ったり歩いたり、階段を昇ったり降りたりするため、膝には大きな負担がかかります。
膝の痛みの原因としては、体型面や肥満の度合い、日常の運動の状況や、生活習慣、さらには遺伝や体質・老化等も原因としてあげられます。
太り過ぎて体重が増えてしまうと膝には大きな負担がかかります。平地歩行時には体重の約2-3倍、階段昇降では約4倍、ランニングでは約6倍もの力が膝にかかっています。足の筋肉が衰えると膝に痛みを感じる場合もあります。


体型が膝の痛みの原因となるのはO脚とX脚です。生まれたときはだれでもO脚ですが子どもから大人になるにしたがって自然にまっすぐになっていきます。O脚気味の方もX脚気味の方も間接の片側だけに力がかかることになり膝の関節に負担がかかります。ただしX脚気味の方は日本人にはほとんどいないとされています。
扁平足や外反母趾は、O脚・膝のゆがみにつながりやすく膝の痛みの原因になります。合わない靴を長い期間履いていたり、立ち仕事を続けていると足裏のアーチが消えて扁平足となり、O脚を引き起こしやすくなります。
日常の生活習慣
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。